2013年08月02日

ホビット 思いがけない冒険

ホビット 思いがけない冒険

「フロド、まだお前に話していない物語がある ――。」

111歳の誕生日、
ビルボ(イアン・ホルム)はある物語を書いていた。

それは60年前、
若かりし頃の自分が体験した、遠い記憶の彼方の冒険談である。

ホビット庄の袋小路屋敷に、
魔法使いのガンダルフ(イアン・マッケラン)がやってきた。

彼は冒険好きで知られたトゥック翁の古い友人だった。

彼の血筋を見抜いていたガンダルフ(イアン・マッケラン)は、
ビルボ(マーティン・フリーマン)を冒険へと誘う。

だが元来ホビット族は旅を好まず、平凡な日常を愛する種族だ。

ビルボ(マーティン・フリーマン)はすぐさま断った。

その夜、袋小路屋敷に奇妙な客がやってきた。

それは12人のドワーフ族。

ガンダルフ(イアン・マッケラン)が、
彼らの集合場所にビルボ(マーティン・フリーマン)の家を選んだのだ。

困惑するビルボ(マーティン・フリーマン)をよそに、
ドワーフ達は飲めや唄えの宴会を始めて大騒ぎし、
ガンダルフ(イアン・マッケラン)もこれに興じる。

そして最後にもう一人、
ドワーフ族の王子トーリン(リチャード・アーミティッジ)。

彼らは邪竜スマウグに支配されたはなれ山の祖国、
エルボールの再建を目指しているのだった。

ガンダルフ(イアン・マッケラン)は、
忍びの技と大きな勇気を持つものとして、
ビルボ(マーティン・フリーマン)を14人目の仲間に選んだのだ。

見知らぬ土地で野垂れ死になんてごめんだと拒否する、
ビルボ(マーティン・フリーマン)に、
ガンダルフ(イアン・マッケラン)は、真の世界は本や地図ではなく、
あの窓の外にあるのだと説得するが、頑として受け付けなかった。

しかし、一行が旅だった翌朝、急に寂しさがこみ上げ、
彼の心に眠っていた冒険心が浮かび上がる。

大急ぎでビルボ(マーティン・フリーマン)は荷造りをし、
一行を追って走り出した。

「ビルボさん、どこへ行くんです?」

「冒険だよ!」

ビルボ(マーティン・フリーマン)の長い旅が始まったのだった。



ビルボ・バギンズ(回想) - マーティン・フリーマン

ビルボ・バギンズ(現在) - イアン・ホルム

ガンダルフ - イアン・マッケラン

ガラドリエル - ケイト・ブランシェット

エルロンド - ヒューゴ・ウィーヴィング

サルマン - クリストファー・リー

ラダガスト - シルヴェスター・マッコイ

フロド・バギンズ - イライジャ・ウッド

ゴラム - アンディ・サーキス

スランドゥイル - リー・ペイス

トーリン - リチャード・アーミティッジ

ドワーリン - グレアム・マクタヴィッシュ

バーリン - ケン・ストット

キーリ - エイダン・ターナー

フィーリ - ディーン・オゴーマン

ドーリ - マーク・ハドロウ

ノーリ - ジェド・ブロフィー

オーリ - アダム・ブラウン

オイン - ジョン・カレン

グローリン - ピーター・ハンブルトン

ビフール - ウィリアム・キルシャー

ボフール - ジェームズ・ネスビット

ボンブール - スティーヴン・ハンター


posted by テリー at 22:22 | Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年08月01日

スウィングガールズ

スウィングガールズ

東北地方の山河高校の、落ちこぼれ学生だった、
友子(上野樹里)ら13人の女子生徒は、
夏休みの補習授業をサボるために、
食中毒で入院した吹奏楽部のピンチヒッターに応募する。

唯一、食中毒を免れた、
気の弱い吹奏楽部員・拓雄(平岡祐太)の指導で、
ビッグバンドジャズをはじめた友子(上野樹里)らは、
次第に演奏の楽しさに目覚め、ジャズにのめりこんでいく。

しかし、吹奏楽部員が退院して復帰したため、
あえなくお払い箱になってしまう。

2学期になった友子(上野樹里)らは、
演奏の楽しさが忘れられず、バンドを結成し、
楽器を買うためにアルバイトに精を出して、
失敗したり四苦八苦しながら、
ビッグバンドジャズにのめりこんでいく。




鈴木友子(テナーサックス):上野樹里

斉藤良江(トランペット):貫地谷しほり

関口香織(トロンボーン):本仮屋ユイカ

田中直美(ドラムス):豊島由佳梨

中村拓雄(ピアノ):平岡祐太

渡辺弘美(ギター):関根香菜

山本由香(ベース):水田芙美子

久保千佳(アルトサックス):あすか

岡村恵子(アルトサックス):中村知世

大津明美(テナーサックス):根本直枝

清水弓子(バリトンサックス):松田まどか

石川理絵(トランペット):金崎睦美

下田玲子(トランペット):あべなぎさ

宮崎美郷(トランペット):長嶋美紗

吉田加世(トロンボーン):前原絵理

木下美保(トロンボーン):中沢なつき

小林陽子(トロンボーン):辰巳奈都子
【邦画の最新記事】
posted by テリー at 22:22 | Comment(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年07月31日

プラダを着た悪魔

プラダを着た悪魔

名門ノースウェスタン大学を卒業し、
ジャーナリストを目指すために、
田舎からニューヨークへとやってきた、
アンドレア・サックス(アン・ハサウェイ)は、
幸運にも何百万の女性の憧れとする仕事、
ファッション雑誌『ランウェイ』の編集部へと就職した。

しかもその編集長で、
ファッション業界に対し絶大な影響力を誇る、
ミランダ・プリーストリー(メリル・ストリープ)の、
アシスタント職である。

だが、ミランダ(メリル・ストリープ)は、
自分の身の回りの世話をアシスタントに、
押し付けるなどの横暴を発揮する最悪の上司であり、
今までに何人もがこの仕事を辞めていたのであった。

ファッションには何の興味もなかった、
アンドレア(アン・ハサウェイ)であるが、
本来の目的である文芸誌での仕事への足がかりとして、
ミランダ(メリル・ストリープ)の、
悪魔のような要求に耐えていく。



ミランダ・プリーストリー - メリル・ストリープ

アンドレア・サックス - アン・ハサウェイ

エミリー・チャールトン - エミリー・ブラント

ナイジェル - スタンリー・トゥッチ

ネイト - エイドリアン・グレニアー

クリスチャン・トンプソン - サイモン・ベイカー

リリー - トレイシー・トムズ

ダグ - リッチ・ソマー
【洋画の最新記事】
posted by テリー at 22:22 | Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年07月30日

今日、恋をはじめます

今日、恋をはじめます

日比野つばき(武井咲)は、
高校に入学したばかりの真面目が取り柄の女子高生。

真面目過ぎる日比野つばき(武井咲)は、
三つ編みに、服装もいわゆる「戦時中の女学生」の姿で、
入学式から注目の的となってしまう。

そんな中、学校一のモテ男で名前の似ている、
椿京汰(松坂桃李)と偶然隣の席になることに・・・。

その上、ある事件がきっかけで、
椿京汰(松坂桃李)にファーストキスを奪われ、
遊ばれていると分かっていても、
次第に椿京汰(松坂桃李)に惹かれていく、
日比野つばき(武井咲)だが・・・?



日比野つばき - 武井咲

椿京汰 - 松坂桃李

長谷川西希 - 山ア賢人

日比野さくら - 新川優愛

菜奈 - 木村文乃

花野井 - 青柳翔

山内有砂 - 高梨臨

美咲 - ドーキンズ英里奈

香奈 - 藤原令子

クラス担任 - 西田有沙

神崎京香 - 高岡早紀

日比野庄一郎 - 長谷川初範

日比野節子 - 麻生祐未

椿圭汰 - 村上弘明
【邦画の最新記事】
posted by テリー at 22:22 | Comment(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年07月29日

バーレスク

バーレスク

歌手になるという夢を実現する為に、
アイオワからロサンゼルスに出てきたアリ(クリスティーナ・アギレラ)。

仕事を探してロスの街をさまよう途中、
テス(シェール)が経営する「バーレスク・ラウンジ」を見つける。

舞台の華やかさに感激したアリ(クリスティーナ・アギレラ)は、
ウェイターのジャック(キャム・ギガンデット)に頼み込んで、
ウェイトレスとして働くこととなった。

そしてある日チャンスが巡ってくる。

妊娠したバックダンサーの代役として、
アリ(クリスティーナ・アギレラ)が舞台に上がることとなり、
さらに問題を起こしていたニッキ(クリスティン・ベル)に変わって歌うこととなった。

怒ったニッキ(クリスティン・ベル)は、
公演中にマイクのジャック(キャム・ギガンデット)を抜く嫌がらせをするが、
アリ(クリスティーナ・アギレラ)は咄嗟にアカペラを披露する。

アリ(クリスティーナ・アギレラ)の歌声はマイクに頼らずホールに響き渡り、
その日の公演は大成功を収めた。

テス(シェール)の提案でアリ(クリスティーナ・アギレラ)がメインに据えられ、
彼女のパワフルな歌声は評判を呼び新聞にも取り上げられ、
バーレスクは連日満員の大盛況で賑わった。

アリ(クリスティーナ・アギレラ)は、
ジャック(キャム・ギガンデット)と恋仲となり順風満帆な日々を送る。

しかしバーレスクは多額の負債を抱えており、存続の危機に瀕していた。

テス(シェール)は銀行に融資を断られ、
残る方法は不動産業を営む常連客のマーカス(エリック・デイン)に売ることだったが、
バーレスクを何よりも大事に思っているテス(シェール)は手放す気になれずにいた。

一方、アリ(クリスティーナ・アギレラ)はジャック(キャム・ギガンデット)が、
まだ婚約者に婚約解消を告げていなかったことを知り大喧嘩し家出をする。

マーカス(エリック・デイン)の家に行くが彼がバーレスクの跡地に、
高層ビルを立てようとしていることを知ったアリ(クリスティーナ・アギレラ)は、
より大きい舞台に立たせようと提案してくるマーカス(エリック・デイン)を振り、
バーレスクへと戻った。

アリ(クリスティーナ・アギレラ)は、
以前マーカス(エリック・デイン)に口説かれた際に、
不動産の薀蓄を聞いたことを思い出し、近々完成予定の、
バーレスクの向かいにある高層マンションのオーナーに、
テス(シェール)を連れて会いに行く。

二人はオーナーにバーレスクの土地の「空中権」を売り出した。

空中権がなければマーカス(エリック・デイン)は高層ビルを建てられず、
高所からの絶景を宣伝文句としていたオーナーとしても、
目の前に高層ビルが建てられてはマンションの価値がなくなるため、
オーナーは二人の申し出を喜び高額で空中権を購入。

借金を完済しバーレスクは救われた。

ジャック(キャム・ギガンデット)とも復縁したアリ(クリスティーナ・アギレラ)は、
再びバーレスクで歌を披露するのだった。



アリ - クリスティーナ・アギレラ

テス - シェール

ニッキ - クリスティン・ベル

ジャック - キャム・ギガンデット

ショーン - スタンリー・トゥッチ

マーカス - エリック・デイン

アレクシス - アラン・カミング

ジョージア - ジュリアン・ハフ

ヴィンス - ピーター・ギャラガー

ナタリー - ディアナ・アグロン
【洋画の最新記事】
posted by テリー at 22:22 | Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。